姿勢と腰痛

姿勢が悪いというのは、とにかくどうしようもない。

何も良いことがないと言ってもよいだろう。
暗く見えたり、老けて見えることもあるし、なによりも太って見えることもあるらしい。

太って見えるというのは、猫背などで背中が曲がっていることになると、
お腹の部分は自動的にぽっこりと前に出てくるように見えるからなのだ。

そして、それが悪いことに腰に負担をかけることにつながってくる。

そう、それは腰痛になることを意味しているのだ。

そう、姿勢が悪いと腰痛までも引き起こす可能性があるということになるのだ。

実際、腰痛になる人は太り過ぎでお腹が出てきてという人がなるパターンが多いのだという。

何とも情けないとうのか、嫌な話なのだ。

最近、私自身も姿勢が悪くなってきていると感じている。

仕事柄のせいもある。デスクーワークが中心でずっと座っているものね。

そのせいで姿勢も悪くなってくるのだよね。

でも、放っておくと腰痛になることもあるのだから本当に気をつかないとね。

この記事へのコメント