姿勢が悪くなるのは

姿勢が良いほうが悪いよりは良いに決まっている。

世の中には姿勢が良い人と悪い人がいる。

でも、基本的にはなにかの病気でもない限り、もとより姿勢が悪い人などは存在しないのだ。

何もなければ、基本的には誰しもいきなり姿勢が悪くなることなど起きはしないのだ。

姿勢が悪くなるのは、時間をかけて悪くなる。

何かがちょっとだけ起こってなるのでなく、日常生活の態度の悪さが引き起こしているのが姿勢の悪さということになるのだ。

日常生活の態度の悪さとは、すなわち楽な姿勢で仕事をしようとするとか、
姿勢を悪化させるような座り方をしているとか、そんなことをしているから姿勢が悪くなってくるのだ。

だから、若い頃は姿勢が悪くなかった人でも社会人になって姿勢が悪くなる人が多いのだ。

姿勢を悪くならないようにしようと思うのであれば、日頃からストレッチなどを取り入れて姿勢の悪さの防止を行ってみると良い。

それも継続していれば自然と姿勢の悪さも改善されていくはずなのだ。

渋谷区で評判のいい不妊治療に通う人なども姿勢の悪さで骨盤が歪んでいる人も多いようだ。

まずは姿勢を改善するのが早道のようだね。

この記事へのコメント